毎日のケアに美容液を入れよう!


スキンケアに美容液を取り入れると、どんな効果があるのでしょうか?
化粧水や乳液などの基礎化粧品は、肌に水分を与え、その水分を逃がさないようにするためのアイテムです。一方、美容液は一人ひとりの悩みに合わせたアイテムを使用することで、肌の状態を改善する効果が期待できます。その理由は、美容液の成分にあります。美容液には、凝縮された美容成分がたっぷり含まれています。美容成分を補うことで、自分の理想の肌質に整えることができるのです。
例えば、シミやそばかすを防ぎたいなら、ビタミンC誘導体やアルブチンが配合された美容液を選ぶとよいでしょう。

エッセンス
スキンケアにおけるエッセンスのイメージは、化粧水と美容液の間に位置づけられるアイテムです。化粧水に近いサラッとしたテクスチャーですが、一般的な化粧水よりも美容成分が多く含まれており、特定の肌悩みに働きかけることが可能です。通常のスキンケアだけでは効果が不十分な場合に、プラスアルファのケアとして使用されます。

毎日のスキンケアに美容液を入れるのをおすすめします。
私はパルフェットNAセラムを使用していますが、肌の調子がいいですよ。

“パルフェットNAセラムの良い口コミや悪い口コミ”もあるので、ぜひ見てください。

美容液
美容液とは、エッセンスよりも美容成分を高濃度に配合したものを指します。肌悩みに特化したアイテムを選ぶことで、より集中的なケアが期待できます。テクスチャーは、エッセンスよりもややとろみがあります。

化粧品を摂るタイミング
美容液を使うタイミングは、基本的に化粧水をつけた後です。肌に水分がたっぷり含まれているときに使用すれば、美容成分の浸透を高めることができます。
ただし、商品によっては、使用する順番が異なる場合があります。使用前に商品説明をよく読み、決められた順番で使用するようにしましょう。

美容液のつけ方
適量で使う
美容液は適量を使用してこそ効果を発揮します。高価なものだと惜しみなく使ってしまいがちですが、効果を得るためにも、必ず商品の説明書に沿った量を使うようにしましょう。

こすらずやさしくつける
化粧水を含んだ肌は柔らかく、とてもデリケートです。その状態で美容液を塗る際に肌をこすってしまうと、かえって肌荒れの原因になってしまいます。指の腹で優しく塗り、手のひらで優しく包み込むように馴染ませましょう。

美白を目指したい
透明感のある肌を目指したい、シミ・ソバカスを防ぎたいという方は、医薬部外品の美白美容液を選ぶことをおすすめします。
ビタミンC誘導体やピクノジェノール、アルブチンなどの成分が美白に効果的と言われています。なお、美白美容液は肌を白くするものではなく、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすの発生を防ぐことを目的としています。シミやそばかすが目立つようになる前に、予防目的で使用するのが効果的といえるでしょう。同時に、年間を通しての紫外線対策も重要です。

皮脂をコントロールしたい
皮脂のベタつきが気になる方は、オイルコントロール成分が配合された美容液がおすすめです。
オイルコントロールとは、皮脂の過剰な分泌を抑え、肌環境を整える効果のことです。しかし、自分はオイリー肌だと思っている人の中には、実は乾燥肌で皮脂が過剰に分泌されている人もいます。その場合は、保湿ケアを徹底することで、肌の水分と油分のバランスが改善され、ベタつきが抑えられることもありますので、ぜひお試しください。

気になる部分には重ね塗りをする
気になる部分には、美容液を何度も重ねづけするのが効果的です。この場合、肌に刺激を与えず、ハンドプレスでやさしくなじませましょう。

スキンケアイメージ

美容液は、肌質を改善するためのアイテムです。より美肌を目指すなら、毎日のスキンケアに美容液をプラスしてみてはいかがでしょうか。

エッセンスは、美容成分を凝縮した基礎化粧品です。
エッセンスは、美容に効果的な成分を凝縮した基礎化粧品です。化粧水や乳液、クリームなどの基礎化粧品にプラスして使うことで、自分の肌に必要な成分をピンポイントで取り入れることができます。
基礎化粧品の中でも、毎日のスキンケアに使う化粧水・乳液・クリームは、肌に適度な水分と油分を与え、バリア機能を高めることを目的としています。エッセンスは、これらの基礎化粧品だけでは物足りないと感じるとき、個別にケアしたい肌悩みがあるとき、肌トラブルを予防したいときに使用する基礎化粧品です。

美容液は、商品によって「エッセンス」「セラム」「ブースター」等と呼ばれています。それぞれの名称には、次のような意味があります。

ブースター
ブースターは「導入液」「導入美容液」とも呼ばれ、洗顔後、化粧水をつける前に使用するものです。肌の角質を柔らかくし、その後に使用する化粧水や美容液の成分が浸透しやすい状態へと導きます。スキンケアの効果をより高めたいときや、乾燥が気になるときにおすすめのアイテムです。

肌に悩みがあるときは美容液を使う
エッセンスは、化粧水や乳液のような基本的なケアアイテムではありません。肌トラブルの改善や予防など、個々のニーズに応じて取り入れることができるケアアイテムのことです。
例えば、シミ、シワ、たるみ、毛穴、目元、エイジングケアなど、さまざまな目的に合わせた美容液があります。つまり、これらの肌トラブルを改善・予防したいときが、美容液を使うタイミングなのです。基礎化粧品のひとつとして、基礎ケアアイテムにプラスして、毎日のスキンケアに活用しましょう。

目的別美容液の選び方
美容液にはたくさんの種類がありますが、「どんな肌トラブルをケアしたいのか」という目的別に選ぶことが大切です。いくら良い美容液を使っても、自分のニーズに合ったものを選ばなければ、期待するような効果は得られないでしょう。
ここからは、目的別美容液の選び方のポイントをご紹介します。

保湿したい
化粧水や乳液などの基本的なケアをしても肌の乾燥が気になる場合は、保湿美容液がおすすめです。
セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸など、保湿力に優れた成分が配合された美容液を選びましょう。化粧水で与えた水分を保ちながら、水分不足をケアすることができます。テクスチャーの感じも滑らかなものからしっかりしたものまでいろいろありますので、自分の好みに合うものを選んで使ってみてください。

シワを改善したい
シワを改善したいときは、シワの種類によって美容液を使い分けることがポイントです。
目元や口元の小さな乾燥ジワには、保湿成分が配合された美容液がおすすめです。また、肌のたるみやハリ不足によるシワには、エイジングケア用の美容液が効果的です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です